”がっかりさせたくない”という思いから解放されて本当に向き合うべき課題とは - 人目気にしいさん起業 | 人の目を気にしやすい方のための起業準備期ライフコーチング・川崎の起業コミュニティ

”がっかりさせたくない”という思いから解放されて本当に向き合うべき課題とは

2016.12.09 (金)

 

人目を気にしやすい人は、自分の大切な人を”がっかりさせたくない”という気持ちが強すぎることがあります。

その気持ちをもとに頑張れることもあります。

でも多くの場合、がっかりさせないために自分の欲求を過度に抑えてまで人の要求に応えようとしてしまいます。

あなたにはこんな傾向はありませんか?

もしそうだとしたら、「人ががっかりするかどうか」は自分にはコントロールできないことだと理解することが必要です。

 

以前、証券の営業をやっていたとき、お客様をがっかりさせてばかりでつらかった経験があります。

飛び込みで一般のお宅に何度も通って、やっと私を信頼して新たな口座をつくり、取引してくださったお客様。

しかし、いかんせん買っていただくものが株や投資信託なので、自分の勧めた商品の値段が下がってお客様に損をさせてしまうことも多かったのです。

そのことが原因で、信頼してくださっていたはずのお客様が急によそよそしくなったり、嫌味を言われるようになったりすることもありました。

もともと人をがっかりさせるのをとても恐れていた私にとっては大変つらいことでした。

 

そんななか、どんな結果になっても私を信じ続けてくれるお客様もいらっしゃいました。

その方は、損をさせている状況を謝ると、「いいの。あなたが勧めてくれた株だから、大切に持っているのよ」と言ってくださっていました。

私が会社を辞めるとき、その方からいただいた言葉はとても温かいものでした。

「そのままのあなたでいいのよ。知識もあって、心遣いもあって素晴らしい。教えてもらった銘柄は、あなたのことを思って持っているわね。」

迷惑をかけても、期待に応えられなくても、私という存在を無条件に肯定してもらった瞬間でした。

 

どの私も、お客様のために一生懸命やっているのに変わりはありません。

それでも、がっかりする人もいます。

がっかりしない人もいます。

「人ががっかりするかどうか」は自分にはコントロールできないことなのです。

そうであれば、本当に注力するべきなのは「がっかりさせないこと」ではありません。

「がっかりさせても真摯な自分であり続けるには」を考えることではないでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
オンワードミッション川崎 代表/ライフコーチワールド(R)認定ライフコーチ/人目気にしいさん専門起業コーチ 1989年福岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部(社会学)卒業後、一部上場の証券会社で営業を経験するも、長時間労働と成績不振で精神的に自分を追いつめ退職。当時の自分を救いたい一心で心理学を勉強するうちにコーチングと出会い、2017年にライフコーチとして起業。現在、スモールビジネス立ち上げ期の自信や覚悟を支えるパーソナルコーチとして活動。半年以上継続したクライアントには、現在全国を回る講演家や経営コンサル等がいる。メディア掲載実績:『PHPスペシャル』2018年4月号・特集「「気にしない」自分になれるヒント」にてインタビュー記事掲載。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ”がっかりさせたくない”という思いから解放されて本当に向き合うべき課題とは

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-3577-9555

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP