人の目を気にせずやりたいことを思いっきりやるためには楽しさを深く味わうこと

2016.10.20 (木)

 

人目が気になってやりたいことを思いっきりできない。そう感じていますか?

そんなときは、「深く楽しめているだろうか?」と確認してみてください。

人目が気になることと、楽しさとどう関係があるのでしょうか。実は大ありです。

私の経験をもとにご紹介しますね。

 

私はドラムが大好きです。

ドラムは、中学生のころからずっとやりたいと思っていたものの始められていませんでした。

1年くらい前に、他の用事で訪れた音楽スタジオでドラムセットを目にし、不思議とやらずにはおられなくなって勢いだけで始めました。

半年後にはバンドを組んで、2曲を約70人の前で演奏することができました。

演奏を聴いてくださった方は、半年でこんなに叩けるようになるのかと驚いていました。

でも、当然なんです。なぜなら、ドラムが楽しすぎるからです。

ずっとやりたくて後回しにしてきたエネルギーが爆発したのか、ドラムを叩いている間は無我夢中です。

「好きこそものの上手なれ」は実際そうみたいです。

 

何が言いたいかというと、私はドラムを叩いている間は楽しくて人の目なんてまったく気になりません。

没頭し、集中しているからです。

この現象を応用してみましょう。

人に理解してもらえなさそうな、でも進みたい自分の道がうっすらと見えているとき。

その道を進むのをとことん、深く楽しんでみましょう。

楽しさを深くするためにたとえば、「これをやるのにもっと楽しさを引き出すにはどんなことができるだろう?」と自分に問いかけてみるといいかもしれません。

 

人が楽しんでやっていることは、周りから見ても元気がもらえますし、応援したくなりますよね。

逆説的に、人の評価を気にしなくなるとかえって人の評価を得られることが多いのはこのためです。

でもあなたがその道に進んで、結果が出たり人から評価されたりするのは二の次です。

大事なのは、あなたが日々楽しみながら、充実を感じながら生きられるかどうかです。

必死になるあまり、最近楽しさを置いてけぼりにしてしまっている心当たりがある方は参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
オンワードミッション川崎 代表/ライフコーチワールド(R)認定ライフコーチ/人目気にしいさん専門起業コーチ 1989年福岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部(社会学)卒業後、一部上場の証券会社で営業を経験するも、長時間労働と成績不振で精神的に自分を追いつめ退職。当時の自分を救いたい一心で心理学を勉強するうちにコーチングと出会い、2017年にライフコーチとして起業。現在、スモールビジネス立ち上げ期の自信や覚悟を支えるパーソナルコーチとして活動。半年以上継続したクライアントには、現在全国を回る講演家や経営コンサル等がいる。メディア掲載実績:『PHPスペシャル』2018年4月号・特集「「気にしない」自分になれるヒント」にてインタビュー記事掲載。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 人の目を気にせずやりたいことを思いっきりやるためには楽しさを深く味わうこと

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-3577-9555

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP