起業に壮絶な人生・華々しい成績・ズバ抜けた能力はなくてもOK―個人的な体験にこそ価値がある - 人目気にしいさん起業 | 人の目を気にしやすい方のための起業準備期ライフコーチング・川崎の起業コミュニティ

起業に壮絶な人生・華々しい成績・ズバ抜けた能力はなくてもOK―個人的な体験にこそ価値がある

2017.08.08 (火)

あなたは、これまでの人生で体験してきたことにどれだけ価値を感じられているでしょうか。もし、「自分には人に与えられるものは何もない」などと感じているとしたら、あなたの体験にもっと価値を置いてみましょう。

 

「自分には何もない」という視点でいれば結局は「何もない」

 

私は、現在27歳です。25歳のときに、プロコーチになろうと決意したとき、私には、人に与えられるものは何もないと思いました。特に壮絶な人生を送ったわけでもなく。何か華々しい成績を残したわけでもなく。ズバ抜けた能力があるわけでもなく。プロコーチになるには若すぎる。そう思いました。

 
しかし一方で、「ではいつ、それは備わるか?」と自分に問いかけても答えは出ませんでした。「自分には何もない」という視点で見ていたら、たとえこの先どんな経験を積もうとも、結局は「何もない」と感じるだけだと思いました。そこで、「何か価値のあるものはないか?」という視点に変えて、自分の人生を振り返ることにしました。

 

最初は「仮」でも磨けばいい

 

幼少期から自分を抑えて人に合わせすぎてしまう「いい子ちゃん」であったことで、失敗や苦しさを味わい、何か満たされないといつも感じてきたことに気がつきました。現在の人目気にしいさん向けコーチングの原型となるアイディアが生まれました。

 

でもそのときは、まだまだ自分自身が人目気にしいさんを脱せていませんでした。起業の準備をするなかで、周りの人にどう思われるかが気になって、何度も何度も迷って落ち込んで。そのたびに、バンジー(心のハードルを乗り越える瞬間をこう呼んでいます)にチャレンジしてきました。

 

その体験が、すべて価値のある知識・経験として私の中に蓄積していきました。最初、ボヤっとしていたものが、磨かれてどんどん明確になっていきました。

 

2次的な情報があふれるネット時代だからこそ

 

世の中には、あなたとまったく同じ体験をしてきた人は存在しません。それは、あなたがその体験から得た経験知を分け与えることができる証拠です。ネットには2次的な情報がいくらでもあふれています。

 

だからこそ、あなたの言葉で語られた、あなた個人の体験の価値は計り知れません。あなたを必要としている人が必ずいます。まずは、「私の体験なんて大したことない」と、何かと比べるような考え方を変えてみてください。

 

Open Heart Question

あなたの経験が少し人と違うのはどんなところですか?

The following two tabs change content below.
オンワードミッション川崎 代表/ライフコーチワールド(R)認定ライフコーチ/人目気にしいさん専門起業コーチ 1989年福岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部(社会学)卒業後、一部上場の証券会社で営業を経験するも、長時間労働と成績不振で精神的に自分を追いつめ退職。当時の自分を救いたい一心で心理学を勉強するうちにコーチングと出会い、2017年にライフコーチとして起業。現在、スモールビジネス立ち上げ期の自信や覚悟を支えるパーソナルコーチとして活動。半年以上継続したクライアントには、現在全国を回る講演家や経営コンサル等がいる。メディア掲載実績:『PHPスペシャル』2018年4月号・特集「「気にしない」自分になれるヒント」にてインタビュー記事掲載。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業に壮絶な人生・華々しい成績・ズバ抜けた能力はなくてもOK―個人的な体験にこそ価値がある

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-3577-9555

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP