他の起業家の成功に思わず…!嫌な「嫉妬」の感情との向き合い方

2017.12.18 (月)

人の成功や、自分にないものを持っている人を見ると無意識に湧き上がってくる嫉妬。特に、人目気にしいさんは人と自分を比べてしまいがちです。周囲には言わないけれど、心の中でうずまく嫉妬に悩まされている場合もあると思います。嫉妬を感じる自分に気づいたとき、どのようにその気持ちを処理したらよいのでしょうか。

 

嫉妬は悪者じゃない!

 
今回このテーマで書くことにしたのは、読者の方からこんな質問をいただいたからです。「人の成功を見て、どうしても嫉妬を感じてしまうんですけど…どうしたらいいんでしょう。」嫉妬を感じて”しまう”。この言葉から、この方は嫉妬を「感じてはいけないもの」だととらえていることが分かります。

 

でも、そもそも嫉妬は悪者ではありません。嫉妬を感じること自体は、なんら悪いことではありません。それどころか、上手くすれば嫉妬はあなたの味方になってくれます。嫉妬は、あなたが欲しているものを示してくれています。しかもそれが手に入るよ!というのを教えてくれているサインでもあるのです。

 

たとえば、知人の起業家がみるみる成功して、外国も含めていろんな場所を飛び回るようになったのを見て嫉妬を感じた場合。それは、あなたの中に、自分もいろんな場所を飛び回る売れっ子になりたい!という欲求=ニーズがあることを示しています。そして、自分もそうなれるはずだと感じていることの証拠でもあります。

 

ニーズを満たすにはどうしたらいいか?

 
嫉妬の感情としっかり向き合うことによって、自分のニーズ(欲求)がどこにあるかに気づきましょう。そして、どうすればそのニーズを満たしてやることができるかを考え、実行するのです。

 

先ほどの例でいえば、起業家としての成功もそうかもしれませんが、いろんな場所を飛び回るような仕事がしたいというニーズがあるのかもしれません。そうであれば、行動範囲を広げたり、いろんな場所を飛び回って仕事をしている人にどうすればそういう働き方ができるのか聞いてみたりとやれることはいくらでもあります。

 

ポイントは、嫉妬を抱かないようにするのではなく、抱いたとしてもそこにエネルギーを取られないようにしたり、そこから得られるサインを読み取ってエネルギーに変えていくという考え方が大事です。

 

余談ですが、このように自分の持っている”前提”(=嫉妬は悪だ)や”思い込み”(=嫉妬を感じてはいけない)が明らかになり、「問題だと思っていたことはそもそも問題ではなかったんだ」という気づきが得られるのもコーチングの重要な効果の一つです。

 

 

いかがでしょうか?嫉妬を感じる自分を責めるのではなく、前に進むエネルギーに変えてくださいね。

 

 

Open Heart Question

あなたは何に嫉妬を感じますか?それが示しているあなたのニーズは何ですか?

The following two tabs change content below.
オンワードミッション川崎 代表/ライフコーチワールド(R)認定ライフコーチ/人目気にしいさん専門起業コーチ 1989年福岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部(社会学)卒業後、一部上場の証券会社で営業を経験するも、長時間労働と成績不振で精神的に自分を追いつめ退職。当時の自分を救いたい一心で心理学を勉強するうちにコーチングと出会い、2017年にライフコーチとして起業。現在、スモールビジネス立ち上げ期の自信や覚悟を支えるパーソナルコーチとして活動。半年以上継続したクライアントには、現在全国を回る講演家や経営コンサル等がいる。メディア掲載実績:『PHPスペシャル』2018年4月号・特集「「気にしない」自分になれるヒント」にてインタビュー記事掲載。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 他の起業家の成功に思わず…!嫌な「嫉妬」の感情との向き合い方

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-3577-9555

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP