「自分には無理」なんて余計な考えに邪魔されたくなかったらとにかく体を動かし続けること - 人目気にしいさん起業 | 人の目を気にしやすい方のための起業準備期ライフコーチング・川崎の起業コミュニティ

「自分には無理」なんて余計な考えに邪魔されたくなかったらとにかく体を動かし続けること

2016.11.12 (土)

 

「自分には無理」

「こんなことして何になるんだろう…」

しばらく順調に行動を重ねていたのに、疲れてくると根拠のないそんな悪魔のささやきに耳を貸してしまいそうになることもあるのではないでしょうか。

一度、止まりたい。

そういうとき、もちろん止まってみるのもアリだとは思います。

でも、一度止まってしまうとまた動き出すのにはかなりのエネルギーを要します。

私のおすすめは、とにかく体だけは動かしていくことです。

 

以前私は、プライベートで心を乱されるような辛いことが起こり、とてもブログを更新するような気持ちになれないときがありました。

口を開けば涙がでるような状態でしたから、今日は更新できないかな…と思いました。

 

止まりたい。

 

でも、普段から行動について考えていたことが役に立ったのか、ここで止まったらもう動き出せないかもしれない…と感じました。

そして、無理してパソコンを開き、キーボードをたたいて記事を書き始めました。

書きたいことがあったというよりは、単に体を動かしているような感覚でした。

すると不思議なことに、さっきまであんなに悲しかった気持ちが、ブログを書くうちに静まってきたのです。

 

そのとき私はとても単純なことに気づきました。

 

前に進むから、進めるんだ。

 

動く歩道に乗っていない限り、今いる位置は動きません。

自分が前に一歩踏み出すから、位置が一歩前になります。

ただそれだけのことです。

 

行動できない理由を挙げることは無限にできます。

実際に行動を難しくしている環境や事情も人それぞれたくさんあると思います。

それでも、体を動かして進んだ人だけが前に進むという単純な事実は変わらないんだなあと。

 

そして体を動かすと、自分の行動を引き留めさせているように見えた、いろんなモヤモヤした気持ちも晴らしてくれる効果があります。

止まりたくなるような傷を癒すのは動くことという、一見矛盾した原理が働いているようなのです。

 

「こんなこと続けていてもどうせ無駄。結果になんてならない。」

そんなブレーキ思考が頭に充満したときには、考えなくていいのでとにかく体を動かしてみてください。

具体的に何かにつながりそうな行動でなくても、散歩するだけでも気分が違ってきますよ。

The following two tabs change content below.
オンワードミッション川崎 代表/ライフコーチワールド(R)認定ライフコーチ/人目気にしいさん専門起業コーチ 1989年福岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部(社会学)卒業後、一部上場の証券会社で営業を経験するも、長時間労働と成績不振で精神的に自分を追いつめ退職。当時の自分を救いたい一心で心理学を勉強するうちにコーチングと出会い、2017年にライフコーチとして起業。現在、スモールビジネス立ち上げ期の自信や覚悟を支えるパーソナルコーチとして活動。半年以上継続したクライアントには、現在全国を回る講演家や経営コンサル等がいる。メディア掲載実績:『PHPスペシャル』2018年4月号・特集「「気にしない」自分になれるヒント」にてインタビュー記事掲載。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「自分には無理」なんて余計な考えに邪魔されたくなかったらとにかく体を動かし続けること

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-3577-9555

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP