「あんな風にはなりたくない」と思う限り逃れられない不安とは?OKの範囲を広げればもっと楽になる

2018.01.29 (月)

あなたは寛容な方ですか?それとも、人にも自分にも厳しい方ですか?「これは許せない」という基準は誰にでもありますが、その基準を少しゆるめるだけで、もっとイライラが減ったり、気持ちが楽になったりするかもしれませんよ。

 

「あんな風にだけはなりたくない」って思ってませんか?


いつも平気で人に迷惑をかける人を見て、「あんな風にはなりたくない」。貧しかったり、社会的に地位の低そうな人を見て、「あんな風にはなりたくない」。この、「あんな風にだけは…」という気持ちは、ある不安を作り出すことがあります。

 

それは、「あんな風になったらどうしよう」。人を厳しい目で見れば見るほど、「人に迷惑をかけてはいけない」「お金や地位を手放してはいけない」という思いに縛られるようになります。

 

なぜなら、まさに自分が人に向けている厳しい目を、向けられる対象になるということを意味するからです。それが怖いから、自分にも厳しくなります。「あんな風にはなりたくない」という思いを持っている限り、「あんな風になったらどうしよう」という不安から逃れることはできないのです。

 

OKの範囲を広げてみる

 

許容範囲を広げると、人に対してイライラすることが減ります。そして、それを自分にも許せるようになります。「人から嫌なことをされてもヘラヘラしている」のとは違います。我慢したり、感じないようにしたりするのではなくて、「これもアリだし、あれもアリ」というように自分の意識にあるパターンのバリエーションを増やします。

 

よく見ると人は本当に一人ひとり違っていますし、どの価値観や考え方が正しいということもありません。一見理解できないような人と出会ったら、それは自分にないパターンを持っている人であり、新しいパターンを学べるチャンスです。OKの範囲が広がると、自分が生きる上でもいろんなパターンを選べるようになって楽になりますよ。

 

人にOKと思うことは、堂々と自分にもOKを出そう

 

逆に人目気にしいさんは、人には許していることでも、自分がするのは気が引ける…と変な遠慮をしてしまうことがあります。あなたが人にOKを出しているのと同じように、人もあなたに対してもOKをもらえるはずです。気を遣われすぎるのも、相手はかえって「水くさい」と感じるかもしれません。自分に必要以上に厳しく当たり過ぎず、周囲に頼れるときはどんどん頼ってみてはいかがでしょうか。

 

 

Open Heart Question
あなたの持つ「あんな風にはなりたくない」は何ですか?

The following two tabs change content below.
オンワードミッション川崎 代表/ライフコーチワールド(R)認定ライフコーチ/人目気にしいさん専門起業コーチ 1989年福岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部(社会学)卒業後、一部上場の証券会社で営業を経験するも、長時間労働と成績不振で精神的に自分を追いつめ退職。当時の自分を救いたい一心で心理学を勉強するうちにコーチングと出会い、2017年にライフコーチとして起業。現在、スモールビジネス立ち上げ期の自信や覚悟を支えるパーソナルコーチとして活動。半年以上継続したクライアントには、現在全国を回る講演家や経営コンサル等がいる。メディア掲載実績:『PHPスペシャル』2018年4月号・特集「「気にしない」自分になれるヒント」にてインタビュー記事掲載。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「あんな風にはなりたくない」と思う限り逃れられない不安とは?OKの範囲を広げればもっと楽になる

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-3577-9555

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP