あなたの好きなことにオリジナルの付加価値を付けたコンテンツを作るコツ3つ - 人目気にしいさん起業 | 人の目を気にしやすい方のための起業準備期ライフコーチング・川崎の起業コミュニティ

あなたの好きなことにオリジナルの付加価値を付けたコンテンツを作るコツ3つ

2016.10.26 (水)

 

好きなことを仕事にしたいと思っても、そのことでどうやってお金をいただく価値を生み出せるのかピンとこない。そんな思いで途方にくれてしまっていませんか?

たしかに、たとえば音楽をやっていたとして、ただ演奏をするだけならかなりのレベルの演奏をしなければ付加価値をつけることは難しいでしょう。

 

ではどうするか?

 

付加価値とは、オリジナリティのことです。

 

うーん、よく聞くような気もするけど、まだピンとこない。そう思った方が多いかと思います。

 

今回は、オリジナルのコンテンツを作るときに役に立つ視点を3つご紹介します。

 

①その好きなことについて、自分はこれまでどんな人生を歩んできたか

あなたがこれまで歩んできた人生は、世界で一つだけ。まさにオリジナルのかたまりです。

特に好きなことを仕事にしたいのであれば、そのテーマにまつわるエピソードをたくさん集めてみましょう。

自分の人生を、好きなことの視点から振り返り再編集してみましょう。

そうすれば、あなただけのストーリーとして人に納得感や感動を与えるオリジナルコンテンツを生み出すことができます。

 

②本などの内容を「自分にとってはどういう意味を持つのか?」と深めてみる

コンテンツを作るために情報収集することは不可欠ですが、それだけでは付加価値のあるものにはなりません。

あなただけのコンテンツにするためには、あなたの体験に基づき、あなたがどう考えたのかが重要です。

たとえば好きなことについてもっと詳しくなりたいと、そのテーマに関連する本を読んだとします。

そのとき「この内容は自分にとってはどんな意味をもつのか?」と考えてみましょう。

本が何冊も出ているメジャーなテーマだったとしても、根底に流れる理論はどの本の内容でも共通していることが多いです。

要は、そこに自分なりにどんな意味を加えるかが重要なのです。

 

③プラスアルファ、使い方の提案、内容のかみくだき

付加価値は、その名の通り加えた価値のことです。

一見誰でも得られる情報であっても、使いやすさが高ければ価値が加わります。

たとえば、プラスアルファで「こんな情報もあります」と上乗せすること。

「こんな使い方はどうですか?」とオリジナルな提案してみること。

難しい内容を自分の言葉で分かりやすく言い換えて提供すること。

そんなところからも付加価値を作ることができます。

 

いかがでしょうか?「これならできそう!」というイメージがわいてくるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
オンワードミッション川崎 代表/ライフコーチワールド(R)認定ライフコーチ/人目気にしいさん専門起業コーチ 1989年福岡県生まれ。お茶の水女子大学文教育学部(社会学)卒業後、一部上場の証券会社で営業を経験するも、長時間労働と成績不振で精神的に自分を追いつめ退職。当時の自分を救いたい一心で心理学を勉強するうちにコーチングと出会い、2017年にライフコーチとして起業。現在、スモールビジネス立ち上げ期の自信や覚悟を支えるパーソナルコーチとして活動。半年以上継続したクライアントには、現在全国を回る講演家や経営コンサル等がいる。メディア掲載実績:『PHPスペシャル』2018年4月号・特集「「気にしない」自分になれるヒント」にてインタビュー記事掲載。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: あなたの好きなことにオリジナルの付加価値を付けたコンテンツを作るコツ3つ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-3577-9555

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP